ここから本文です

[データ]テレビなど民生用電子機器の2016年6月の出荷実績、ヘッドホンは3か月連続でプラス、JEITA調査

BCN 8月1日(月)18時27分配信

[データ]テレビなど民生用電子機器の2016年6月の出荷実績、ヘッドホンは3か月連続でプラス、JEITA調査

前年同月比94.9%にとどまり、3か月連続のプラスとはならなかった

 電子情報技術産業協会(JEITA)は7月28日、薄型テレビなど民生用電子機器の2016年6月の国内出荷統計をウェブサイト上で公開した。出荷金額は1046億円で、前年同月比94.9%にとどまり、4月・5月に続き、3か月連続のプラスとはならなかった。

 分野ごとの出荷金額は、映像機器が440億円(前年同月比77.5%)、オーディオ関連機器が69億円(同101.2%)、カーAVC機器は537億円(同115.3%)。4K対応テレビの出荷金額は181億円となり、薄型テレビ全体の出荷金額314億円に占める割合は、57.7%となった。今年4月に、統計の開始以来、初めて5割を突破して以降、50%台後半で推移している。

 製品ごとの出荷台数は、薄型テレビが33万2000台(同78.9%)、BDレコーダー/プレーヤーが17万3000台(同79.4%)、アクションカメラを含むデジタルビデオカメラが5万5000台(同76.7%)、システムオーディオが10万2000台(同81.1%)、カーナビゲーションシステムが51万9000台(同116.9%)など。ほとんどの製品がマイナスとなるなか、ヘッドホンは137.1%と前年に比べて大きく伸び、3か月連続でプラスとなった。

 なお、4月に従来の統計対象品目であった製品定義・取扱い品目の見直しを行い、統計体系を大幅に変更したため、前年比はすべて参考値となる。

 また、パーソナルコンピュータ国内出荷実績も公開した。出荷金額は536億円(同95.6%)、出荷台数は62万6000台(同94.9%)で、金額・台数とも2か月連続で前年同月を下回った。ただ、デスクトップは、金額・台数とも100%を超え、ほぼ前年並みだった。出荷台数でのノート型の比率は76.3%。4~6月の四半期では、企業向けは比較的堅調に推移したが、個人向けが低調であったため、8四半期連続で前年割れとなった。

最終更新:8月1日(月)19時55分

BCN

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]