ここから本文です

デンゼル・ワシントン監督・主演「フェンス」、賞レース真っただ中の12月公開へ

映画.com 8月1日(月)12時0分配信

 [映画.com ニュース] 米劇作家オーガスト・ウィルソンの同名戯曲をデンゼル・ワシントン監督・主演で映画化する「フェンス(Fences)」が、今年のアカデミー賞レース真っただ中の12月16日に全米公開されることが決定した。配給の米パラマウント・ピクチャーズが発表した。

 「フェンス」は、1950年代の米ピッツバーグが舞台。かつては野球選手だったが、現在はゴミ収集車のドライバーとして家族を支えるトロイと妻ローズ、そして息子たちのアフリカ系アメリカ人一家の関係を描く。

 1987年にブロードウェイで初演され、トロイ役をジェームズ・アール・ジョーンズが演じ、トニー賞を作品賞と主演男優賞を含む4部門で受賞した。ワシントンは、2010年のリバイバル公演にビオラ・デイビスとともに主演しており、二人そろってトニー賞主演男女優賞を受賞している。今回の映画版でも、ワシントンがトロイ役、デイビスがローズ役を再演する。

 ワシントンにとっては、「きみの帰る場所 アントワン・フィッシャー」(02)、「グレート・ディベーター 栄光の教室」(07)に続く3本目の監督作品となる。ウィルソン自ら映画版の脚色にあたり、ワシントンとスコット・ルーディン、トッド・ブラックがプロデュースを務める。

最終更新:8月1日(月)12時0分

映画.com