ここから本文です

スーパーヒロイン!ブラックキャナリー、複数のDCドラマに登場!

シネマトゥデイ 8月1日(月)8時16分配信

 米テレビドラマ「ARROW/アロー」でダイナ・“ローレル”・ランス/ブラックキャナリーを演じているケイティ・キャシディが、CW局で放送されている他のDCドラマでもレギュラー出演する契約をしたことが、サンディエゴで開催されたコミコン・インターナショナルで発表された。

【写真】ケイティ・キャシディ出演『エルム街の悪夢』

 これにより、「THE FLASH/フラッシュ」「レジェンド・オブ・トゥモロー」などの作品にも出演できることになる。すでに「THE FLASH/フラッシュ」のシーズン2にはローレルのドッペルゲンガー、ブラック・サイレン役で登場しており、今後も様々な形で彼女が見られることだろう。

 ケイティのほかにも、レナード・スナート/キャプテン・コールド役のウェントワース・ミラーもワーナー・ブラザースTVとレギュラー契約をしたおかげで、グレッグ・バーランティ製作の複数のDCドラマにゲスト出演を可能にしているほか、「ARROW/アロー」でマルコム・マーリン/ダーク・アーチャーを演じているジョン・バロウマンも、バーランティ製作のDCドラマでレギュラー契約をしたことが発表されている。(澤田理沙)

最終更新:8月1日(月)8時16分

シネマトゥデイ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。