ここから本文です

「金メダル、自信あります」17位Tの野村敏京、いざリオ五輪へ

ゴルフ情報ALBA.Net 8月1日(月)11時51分配信

<全英リコー女子オープン 最終日◇31日◇ウォーバーンゴルフクラブ>

 ウォーバーンゴルフクラブを舞台に開催された「全英リコー女子オープン」最終日。野村敏京は2バーディ・1ボギーとスコアを1つ伸ばしトータル5アンダーの17位タイで4日間の戦いを終えた。

【関連】美香、ゆかり、愛…フォトギャラリーで今大会を振り返る!

 「今日はアプローチも良かったし、難しいところでパーセーブもできた」と最終ラウンドを振り返った野村。唯一悔やまれるのは14番。昨日までボギーの続いていた13番をパーとした直後に痛恨のボギー。「難しいところでよくパーセーブしたのに、3パットはちょっと…えー?って感じでした。もったいなかった」と唇をかんだ。

 これで海外メジャー第4戦が終了。2週間のオープンウィークの経て、リオデジャネイロ五輪へと突入する。「今は楽しみにしています。近づいてくると…変な雰囲気ですね」と夢の祭典が迫るにつれて徐々に期待、不安、重圧…様々な感情が少しずつ沸いてくる。

 そんな野村はこのタイミングで2週間試合が空くことを歓迎する。「オリンピックの前に休みたかった。よく休む時間があって良かった。ほんとに良かった(笑)」。「ULインターナショナル・クラウン」など、今シーズン開始直後は予定していなかった試合が増えたことで「スケジュールがぐちゃぐちゃになって」と体力的に限界間近。2勝を挙げ世界ランクが上がったことが理由のため、嬉しい悲鳴ともいえるが「さすがに疲れますよ。続けてやっているし、毎日集中しないといけないし、急に暑くなったり急に寒くなったり、大変でした」と日本が誇るタフネスも休養を欲した。

 そうして挑むビッグイベントの目標はもちろん「金メダルです」。女子は多くのトッププロが出場するが、「楽しみです。自信ありますよ」と笑顔を見せた野村。久々の休養でしっかり英気を養い、国の威信をかけた戦いへと向かっていく。

【最終結果】
1位:アリヤ・ジュタヌガーン(-16)
2位T:モー・マーティン(-13)
2位T:イ・ミリム(-13)
4位:ステイシー・ルイス(-11)
5位:カトリーナ・マシュー(-10)

19位T:野村敏京(-5)
58位T:宮里美香(+3)
60位T:西山ゆかり(+4)
65位T:鈴木愛(+5)

(撮影:GettyImages)<ゴルフ情報ALBA.Net>

最終更新:8月1日(月)11時51分

ゴルフ情報ALBA.Net