ここから本文です

キャデラック世界販売1.5%減、中国は16%増 上半期

レスポンス 8月1日(月)10時0分配信

米国の自動車最大手、GMは7月21日、キャデラックの2016年上半期(1~6月)世界新車販売の結果を公表した。上半期世界販売は、12万9172台。前年同期比は1.5%のマイナスだった。

[写真:XT5]

市場別では、中国が4万5818台を販売。前年同期比は16.2%増と2桁増を達成する。SUVでは、『SRX』後継車の『XT5』が好調。セダン系では、『ATS』の中国専用ロングホイールベース仕様の『ATS-L』や『XTS』が支持を集める。

米国は、7万3231台にとどまった。前年同期に対して、9.5%のマイナス。XT5をはじめ、新型フラッグシップサルーンの『CT6』が好調な立ち上がりを見せる。

その他の市場では、カナダが5458台を売り上げ、前年同期比は3.6%のマイナス。中東も1992台にとどまり、前年同期比は26.8%減と、大きく落ち込む。欧州とロシアは、41.4%増の991台と伸びた。

キャデラックのヨハン・ダ・ネイスン社長は、「高価格車の販売が好調なのは、顧客の間でキャデラックの地位が向上していることを示すもの」と述べている。

《レスポンス 森脇稔》

最終更新:8月1日(月)10時0分

レスポンス

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]