ここから本文です

絶好調の20歳 A.ジュタヌガンは一気に金メダル候補

ゴルフダイジェスト・オンライン(GDO) 8月1日(月)11時40分配信

海外女子メジャー「全英リコー女子オープン」を制したのは、アリヤ・ジュタヌガン(タイ)。後続に2打差の16アンダー単独首位から出ると、3バーディ、1ボギー1ダブルボギー「72」でリードを守り抜き、今季4勝目を挙げた。絶好調をキープして迎えるリオデジャネイロ五輪は「待ちきれない」と、胸を躍らせている。

撮れたて直送!「全英リコー女子」フォトギャラリー

漂っていた圧勝ムードは、瞬く間に消えた。6番までに2バーディを奪い、後続に5打差をつけた。だが、同じ最終組のイ・ミリム(韓国)が後半10番から3連続バーディを奪うと、流れは変わった。勢いに飲み込まれるかのように13番でダブルボギーをたたいた。一気に1打差まで詰められた。

苦い記憶が蘇った。今年4月のメジャー「ANAインスピレーション」では、2打のリードで17番にいた。優勝は目前に迫ったが、最終18番でティショットを池に入れ、自滅。リディア・コー(ニュージーランド)にタイトルを奪われた。「終わった後はすごく気落ちしていた」

だが、今のジュタヌガンは違う。5月の「ヨコハマタイヤLPGAクラシック」でツアー初優勝を飾ると、そこから3連勝。メンタルの弱さを露呈していた過去の自分とは決別した。

その堂々さには、予選ラウンドを同組でプレーした上田桃子も驚愕。「今まで見た中で一番かも。飛距離は出るし、精度もいい。しかも何より、自信を持ってパットを打っている」と目を丸くした。

この日は、17番で約5mのスライスラインをねじ込んだ。メジャー制覇は「プロになったときからの夢だった」と、執念で粘る後続を突き放した。世界ランクは6位から3位に上がる見込みとなった。紛れもない五輪の金メダル候補。「楽しみですよ。待ちきれない」。20歳はウズウズしている。(イングランド・ウォーバーン/林洋平)

最終更新:8月1日(月)11時40分

ゴルフダイジェスト・オンライン(GDO)

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]