ここから本文です

<リオ五輪>女子バレー韓国代表、バス運転手が道に迷い…事故まで 「ありえない…」とため息

WoW!Korea 8月1日(月)10時27分配信

ブラジル・リオデジャネイロに到着した女子バレー韓国代表チームが「ありえない…」とため息をついている。

イ・ジョンチョルの紹介と写真

 バス運転手の未熟な道案内により、練習会場を目指す道中で事件が勃発した。運転手が道に迷って彷徨い、危険だと言われているスラム街へ。さらに、運転中に事故まで起こしたのだ。幸い、選手たちにけがはなかったが、危うく試合前に負傷者が出るところだった。

 イ・ジョンチョル監督(56)率いる女子バレーチームは去る7月28日(現地時間)、リオデジャネイロに到着。1976年のモントリオール五輪以降、40年ぶりのメダル獲得に向け、オランダ・アムステルダムで合宿をおこなうなど対策を講じてきた。

 しかし、リオデジャネイロに到着するとすぐに、アクシデントに見舞われている。バス運転手が「道を知らない」と言い出し、当初より2倍の時間をかけて練習場に到着。さらに、柱に激突する事故まで発生し、後部ガラスが破損。幸い、防弾ガラスだったために大事には至らなかったが、選手たちは冷や汗をかいた。

 イ監督は「これまで多くの大会に出向いたが、このような経験は初めてだ」とし、「バス運転手が道に未熟で、ガイドが『方角が違うようだ』と言っても耳を傾けない」とため息をついた。

 思わぬアクシデント続きで、試合前から慌てている韓国代表チーム。現地で準備を万全にしたい…。これがいまの願いだ。

最終更新:8月1日(月)10時27分

WoW!Korea

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]