ここから本文です

日本ハム大谷、会心弾!徹底した自己管理を栗山監督も評価

デイリースポーツ 8月1日(月)6時59分配信

 「日本ハム6-3ソフトバンク」(31日、札幌ドーム)

 3点を追う初回だ。1点を返しなおも無死二塁。日本ハム・大谷翔平投手はフォークに狙いを絞り完璧に捉えた。打球は角度よく左中間方向へ上がる。スタンドに弾むのを見届けると、右手を握りしめた。本塁打の自己記録を更新する同点の13号2ランだ。

 「会心。会心の一発でした。3点取られて、一方的な展開になりそうだったので、早い段階で追いついてよかった」。負けられないソフトバンクとの直接対決。逆転勝ちにつながる豪快アーチに胸を張った。

 前夜の1番からこの日は3番へ。定位置のクリーンアップに入り躍動した。野手での6試合連続スタメン出場はプロ入り初。疲労度を問われても「特にないです」とサラリと言う。結果が出ても滅多に褒めない栗山監督も「遊びたい盛りでも、野球中心で一生懸命取り組んでいて素晴らしいよ」。後半戦、遠征先の食事会場ではほぼ毎日、顔を合わせるという。自己管理を徹底して結果につなげる姿勢を高く評価する。

 直接対決で勝ち越し、最大で11・5も開いていたゲーム差は3まで縮まった。「ここからが勝負。目いっぱいいく」と栗山監督。7月は17勝4敗で勝負の8月に向かう。「一試合一試合、落とさずに勝ちにいく」と大谷。次カードのロッテ3連戦でも、首位猛追へ打ちまくる。

最終更新:8月1日(月)7時22分

デイリースポーツ

スポーツナビ 野球情報

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]