ここから本文です

YAMAHAから制振・高剛性シャーシやCDモード採用のBlu-rayプレーヤー新登場

CDジャーナル 8月1日(月)16時53分配信

 YAMAHA株式会社が、同社のハイクラスAVレシーバー「AVENTAGE(アベンタージュ)」とマッチする外観デザインを採用したBlu-rayプレーヤー「BD-A1060」を8月下旬に発売。

 同機は、1.2mm厚の鋼板製ベースプレートによるダブルボトム構造の制振・高剛性シャーシと強化トップカバーを採用、電源部とオーディオ部を完全分離した高音質設計で、CDやSA-CD再生時にはオーディオ再生以外の回路を停止、HDMI端子からの映像信号出力も制限するなどオーディオ信号へのノイズの混入を最小限に抑えて音質を向上させるというCDモードを搭載して映像回路による音質劣化を防いでいます。4KアップスケーリングやSA-CDマルチチャンネル音声出力に対応したHDMI端子のほか、DSD5.6MHzなどのハイレゾ再生にも対応したネットワークオーディオ機能でワイヤレス音楽再生やアプリ操作も行なえる内蔵Wi-Fi、アナログ音声出力のバランス伝送を実現するXLR出力端子も搭載するなど、シアター派からオーディオ派まで幅広いユーザーの要求に応えられる内容です。アルミフロントパネル採用の外観のほか、仕上げカラーにはチタンとブラックの2色が用意されています。

最終更新:8月1日(月)16時53分

CDジャーナル