ここから本文です

室井滋、プライベートでドリー化!? 道に迷い、居酒屋で他の客の料理食べる

cinemacafe.net 8月1日(月)16時17分配信

現在公開中のディズニー/ピクサーアニメーション映画『ファインディング・ドリー』の大ヒット舞台挨拶が1日(月)都内で行われ、日本語吹き替え版声優を務めた女優の室井滋、子役の青山らら、菊地慶が登壇。前作同様に物忘れの激しいキャラクター・ドリー役を務めた室井さんは、プライベートでのリアル・ドリー化を嘆いた。

【画像】ドリー役を務めた室井滋ほか子役たち

同作は、第76回アカデミー賞長編アニメーション賞を受賞した『ファインディング・ニモ』の約13年ぶりの続編で、早くも全米アニメーション歴代No.1の興収を記録中。忘れん坊のドリーの家族を探すために、親友のニモとマリーンの父子らお馴染みの仲間たちが再び結集する。

大ヒットを祝うくす玉をフライングで割ってしまった室井さんは「ごめんなさい! スイマセン! 待ちきれなくて」と平謝りで「私おかしくてソワソワしている。忘れ物をしない人間だけれど、かなり変」と近況を告白。続けて「居酒屋に行ってもカウンターの隣に座っている人の食べ物を食べてしまうし…。相当な危険水域。道にも迷いますし、ドリー化していると思う」と日常でのリアル・ドリー化に大慌てだった。

一方、ベビー・ドリー役のららちゃんには「ベビー・ドリーの声も自分でやるのかと思っていて、両方を練習していたけれど、やはり本物には敵わない。凄く可愛かった」と賞嘆。ニモの声を務めた慶くんにも「どんな男の子がやっているのかと楽しみにしていたら、こんなに可愛い子だった。もう私の気持ちがすっかりドリーになっているので、彼がニモにしか見えない」と目を細め、「皆で水族館に行きたいね」と楽しそうに提案していた。

『ファインディング・ドリー』は全国にて公開中。

最終更新:8月1日(月)16時17分

cinemacafe.net

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。