ここから本文です

【ホンダF1】長谷川祐介「シーズン後半には最初からさらなる進歩を示したい」

TopNews 8月1日(月)20時29分配信

ホンダF1プロジェクト責任者の長谷川祐介が、ホッケンハイムリンクで行われたF1ドイツGP決勝を振り返って次のようにコメントした。

●【スピードトラップ】レッドブル速さもあり、ホンダ勢は・・・/F1ドイツGP決勝レース

■長谷川祐介「すごく困難なレースだった」
「昨日の予選との比較においては、今日はいいレースペースを示すことができました。そしてジェンソン(バトン)とチームが8位フィニッシュのポイントが獲得できてうれしく思っています」

「チームとドライバーのどちらにとっても非常に困難なレースでした。コース上での戦いながら、燃料をセーブし、タイヤもいたわらなくてはならなかったのです。フェルナンド(アロンソ)も非常によいレースペースを示していました。しかし、そのために、終盤にはライバルたちから順位を守ろうと頑張りながらも、燃料とペースを管理しなくてはならなかったのです。彼はそういう厳しい戦いに臨んでいましたが、順位を維持することができず、12位でのフィニッシュとなりました」

「これまでの数レースを振り返れば、我々の進歩は間違いなく正しい方向へ向かっているのだという自信を得ることができています。そして、シーズン後半にはその序盤からさらに前進を果たすことを目指しています」

「最後になりましたが、マクラーレン・ホンダのチーム全員に対しお礼を言いたいと思います。彼らはこの長く厳しいシーズン前半において素晴らしい仕事を成し遂げてくれました。みんなが休みをエンジョイし、後半にはまたリフレッシュして戻ってきてくれることを期待しています」

最終更新:8月1日(月)20時29分

TopNews

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]