ここから本文です

ご存知ですか?「落雷で壊れたパソコン」が補償される保険

ZUU online 8月1日(月)17時10分配信

台風の備えは万全でしょうか? 今年はまだ上陸していませんが、やはり気になりますよね。

異常気象は世界のどこかで毎年のように発生しており、地球レベルで自然災害のリスクが高まっています。日本では今年の夏は猛暑という予報が出ていますね。ゲリラ豪雨による水害、土砂崩れ、落雷にも充分注意が必要でしょう。

自然災害から自分の財産を守るには損害保険。つまり、火災保険が有効です。

■水漏れ、盗難など、火災保険には幅広い補償がある

火災保険は、火災に対する補償だけではありません。火災はもちろん、水災、落雷・破裂・爆発、風災・ひょう災・雪災、水濡れ、汚損・破損、盗難にも対応しています。つまり、火災保険は不測の事態に幅広く対応している保険なのです。

余談ですが、地震や地震が原因で起こった火災、津波などは対象外となります。地震に対応しているのは地震保険だけです。

さて、話を戻しましょう。火災保険は、トイレの排水が詰まって水浸しになり被害が出た、という場合は「水漏れ事故」として補償されます。マンションなどの下の階にまで被害を与えた場合も「損害賠償」として下の階の被害に対して保険金が支払われます。下の階の人も、自身で加入している火災保険で対応できますが、上の階の「損害賠償」と両方から支払われるわけではありません。どちらか一方からの支払になります。

問題はせっかく火災保険に入っていても、その特性を充分に活かされていない場合が少なくないことです。

■家が焼失しても保険金を受け取れないの?

火災保険の対象は、建物と家財の2つに分かれています。住宅を購入するときに加入する火災保険は、建物だけ契約することが多いのをご存知でしたか? 理由は金融機関では住宅ローンの契約時に火災保険に入ることが「必須」になっているからです。

なぜ、「必須」なのでしょうか。金融機関が親切だからでしょうか? 
違います。保険金の受取人は金融機関だからです。

住宅ローンの担保は住宅です。その住宅が火事になって焼失すると、担保も消失することになり、貸したお金が回収できなくなります。そのような事態に備えるために、金融機関を受け取りとした火災保険が必須となります。不測の事態が発生したとき、金融機関が保険金を受け取ることで、ローンは帳消しとなるわけです。

もちろん、住宅ローンの契約者がお亡くなりになっても団体生命保険に加入しているので、金融機関は死亡保険金を受け取って、住宅ローンを帳消しにします。

■加入者が保険金を受け取れる家財保険

しかし、読者のみなさんが住宅を購入して、火災で家を消失したのに自分たちが保険金をもらえないのは困りますよね。その問題を解消するのが、家財保険です。家財保険を契約をすると、家財を消失した分の保険金を受け取ることができます。賃貸も同じく、家財保険からしか保険金を受け取れません。

実際には住宅ローンを組んで家を購入する際に、家財をつけ忘れていることが多いのです。いま加入している火災保険に家財保険が付いているのか、確認することをお勧めします。損害保険は、加入したあとでも特約を追加することができますからね。

■家財保険は「子供がテレビを壊しても」補償されます

家財保険の補償は、実に幅広いです。たとえば、落雷です。年を追うごとに落雷が多くなっているような気がします。怖いですね。

雷は本当に怖いですが、私は落雷でパソコンのデータが飛んでしまうのが一番怖いです。

実際雷が落ちたとしても、建物への被害が大きくなる可能性は低いです。それよりも、電流が逆流して家電製品が壊れるのが一番心配でしょう。家財保険に加入していると、そういった「不測の事態」が補償されます。

落雷でテレビが壊れた場合には、修理代などが補償されます。あまり知られていませんが、幼い子供がテレビを壊しても補償の対象となります。たとえば、子供がテレビのリモコンを投げて、テレビの液晶画面が壊れても補償されます。また、物を運んでいてバランスを崩しドアに当たってドアを壊したケースもOKです。

また、隣の家が火災になって、建物への類焼はなくても消防車の放水で家の中が水浸しとなるケースもあるでしょう。この場合も、建物の補償はありませんが、家財が補償されます。

さらに、家財が盗まれたときも補償されます。携帯品損害特約をつければ、旅先でカメラを壊した場合でも補償されます。

とにかく幅広い補償があります。あまりに広いので、どこまで請求できるのか忘れてしまいそうです。

損害保険の補償の基本は、不測かつ突発的な事故です。もちろん故意に起こした事故は対象外です。注意しなければならないのは、壊れた物の証拠が必要となる点です。すぐに買い替えてしまって立証できないと補償されません。テレビが壊れたのであれば、必ず写真に撮って証拠を残しておく必要があります。

■火災保険に安く加入するには?

火災保険は1年更新、5年更新、10年更新などがありますが、長期契約の方が割引率が高いのでお得です。

また、高台にある家やマンションの4階など「水災」のリスクが低い場合は、水災を外すことで保険料が安くなります。いずれにしても、家財保険に加入すると何かとお得ですので、ぜひご検討ください。

長尾義弘(ながお・よしひろ)
NEO企画代表。ファイナンシャル・プランナー、AFP。徳島県生まれ。大学卒業後、出版社に勤務。1997年にNEO企画を設立。出版プロデューサーとして数々のベストセラーを生み出す。著書に『コワ~い保険の話』(宝島社)、『こんな保険には入るな!』(廣済堂出版)『怖い保険と年金の話』(青春出版社)『商品名で明かす今いちばん得する保険選び』『お金に困らなくなる黄金の法則』(河出書房新社)、『保険ぎらいは本当は正しい』(SBクリエイティブ)、『保険はこの5つから選びなさい』(河出書房新社発行)。監修には別冊宝島の年度版シリーズ『よい保険・悪い保険』など多数。

最終更新:8月1日(月)17時10分

ZUU online

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]