ここから本文です

体操内村大技連発!“最終兵器”リ・シャオペン成功でドヤ顔

デイリースポーツ 8月1日(月)6時59分配信

 04年アテネ五輪以来の団体金メダルを狙う体操男子が7月30日、リオデジャネイロ入りして初めて練習を公開した。エースの内村航平(27)=コナミスポーツ=は跳馬で大技のリ・シャオペンを2回連続で決めるなど抜群の仕上がりを見せた。

 同技は内村が8年掛かりで完成させた団体金メダルの鍵を握る“最終兵器”。「体が反応して、しっかり合わせられている。2回跳べたのは大きい。2回目は軽い気持ちで跳べた。(団体で金メダルを獲得した)去年の世界選手権以来、1年ぶりの感覚。ここに合わせてきたか、と思った」と、ドヤ顔をさく裂させた。

 ここからは練習の強度を落とし、本番に備えるが、“絶対王者”には一分の隙も見当たらない。

最終更新:8月1日(月)7時19分

デイリースポーツ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。