ここから本文です

【ドイツ】小売売上高、6月は0.1%減少

NNA 8月1日(月)9時0分配信

 ドイツ連邦統計庁は7月29日、6月の小売売上高指数(2010年=100、季節要因・稼働日数調整済み)が106.4ポイントとなり、前月から0.1%低下したと発表した。5月の0.7%増(改定値)から悪化し、3カ月ぶりにマイナスに転じた。市場予想と一致した。
 小売売上高は前年同月比では2.7%増加。5月の2.8%から伸びはやや減速している。うち食品・飲料・たばこは3.2%、非食品は2.1%それぞれ増えている。
 非食品の内訳を見ると、オンライン・通信販売は8.3%拡大。家具・家庭用器具・建設資材は3.4%伸びている。化粧品・医薬品・医療製品も2%増加した。一方、百貨店など非専門店は6.2%落ち込み、書籍・宝飾品・その他も0.2%減少した。繊維・衣料品・履物・革製品は横ばいだった。
 小売売上高は1~6月の累計では前年同期比2.3%増えている。
 ドイツの7月のインフレ率は0.4%と、6月の0.3%から伸びがやや加速している。

最終更新:8月1日(月)9時0分

NNA

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。