ここから本文です

ディズニー実写版「くるみ割り人形」クララ役にマッケンジー・フォイ

映画.com 8月1日(月)17時30分配信

 [映画.com ニュース] チャイコフスキー作曲のバレエ作品で広く知られる「くるみ割り人形」を米ウォルト・ディズニーが実写映画化するプロジェクトに、「インターステラー」でマシュー・マコノヒーの娘を演じてブレイクした米女優マッケンジー・フォイの参加が決定した。フォイは、ヒロインの少女クララを演じる。

 少女クララがクリスマスプレゼントにもらった人形が動き出すというファンタジックな設定の同演目は、欧米ではクリスマスシーズンの定番。映画版には複数のアニメ作品のほか、エル・ファニングが主演した3D実写版「くるみ割り人形(2009)」がある。

 今回の新作は、同バレエとE.T.A.ホフマンの原作「くるみ割り人形とねずみの王様」を下敷きにしている。オリジナル脚本「Somacell」が2012年のブラックリスト(製作前の優秀脚本リスト)入りした気鋭の女性脚本家アシュリー・パウエルが、2年かけて執筆した脚本「The Nutcracker and the Four Realms」をもとに、スウェーデン出身の名匠ラッセ・ハルストレム監督がメガホンをとる。

 本作にはまた、アフリカ系アメリカ人として初めて、世界最高峰バレエ団のひとつであるアメリカン・バレエ・シアターのプリンシパルになったミスティ・コープランドの出演が決定している。コープランドは本編中唯一のダンスシーンのリード・バレリーナ役を演じる。

最終更新:8月1日(月)18時15分

映画.com

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。