ここから本文です

2017年F1ドイツGP、MotoGPも開催する「優れたサーキット」が浮上

TopNews 8月1日(月)21時8分配信

先行き不透明なF1ドイツGPの将来だが、ここへきて第3のサーキットが可能性として浮上した。

●【スピードトラップ】レッドブル速さもあり、ホンダ勢は・・・/F1ドイツGP決勝レース

2015年は行われなかったドイツGP。予定ではニュルブルクリンクが来年、開催する番だが無理そうだ。先週末レースを行なったホッケンハイムも、観客は比較的少なめだった。

ところがドイツ『Auto Bild(アウト・ビルト)』誌の記事によると、ザクセンリンクがドイツGPの救世主になりそうなのだ。

ドレスデンが州都の東部ザクセン州に位置する同サーキットは毎年、2輪レースの最高峰MotoGPを開催している。

『Auto Bild(アウト・ビルト)』誌は、バーニー・エクレストンが早ければ2017年にもザクセンリンクでF1ドイツGPを開くつもりだと報じている。

サーキットはすでにFIA(国際自動車連盟)のホモロゲーション(認定)を取得済みだが、ピット周りの建造物を改修する必要ありとのこと。

こうした報道にドイツ『Sky(スカイ)』のF1解説者マルク・スレールは、次のように言う。「そうなったら、すばらしい」

「ザクセンリンクは、優れたサーキットだ。他のサーキットならF1に行きそうもない観客も、多数の来場を期待できそうだ」

また『Auto Bild(アウト・ビルト)』誌は、ホッケンハイムとニュルブルクリンクも2017年F1開催に意欲を示しているとのこと。だが、それには開催費用の高騰が伴いそうである。

というのもカナダ、ブラジル、今年初めてF1を開催したアゼルバイジャンの以上3レースが財政的に厳しいなか、エクレストンは、それぞれの開催費を減額したと言われるからだ。

最終更新:8月1日(月)21時8分

TopNews

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。