ここから本文です

プロポーズ成功のベイル、5000万円で島を貸し切っていた

ISM 8月1日(月)16時58分配信

 先日、恋人にプロポーズしたレアル・マドリー(スペイン)のウェールズ代表FWギャレス・ベイルが、一世一代の舞台のために、45万ユーロ(約5200万円)を支払いタゴマゴ島を貸し切りにしていたようだ。スペイン『AS』紙(電子版)が現地時間7月31日に報じている。

 クラブではチャンピオンズリーグ(以下CL)優勝、ウェールズ代表ではEUROベスト4進出と、昨季は素晴らしい1年を過ごしたベイル。実りの多いシーズンを終えたのち、家族らとバカンスを過ごした際、恋人のエマさんにプロポーズした。

 報道によると、ベイルはそのためにイビサ島の近くにあるバレアレス諸島のタゴマゴ島を借り、自身27歳の誕生日にプロポーズしたという。答えはもちろん、イエスだった。

 『AS』によれば、島を借りるのに要したコストは1週間で45万ユーロ。同紙はベイルがCL優勝で60万ユーロ(約6900万円)のボーナスを手にしているだけでなく、そもそも大金を稼いでいるため、支払えない額ではないと締め括っている。

最終更新:8月1日(月)16時59分

ISM

スポーツナビ サッカー情報

海外サッカー 日本人選手出場試合