ここから本文です

ヒッチハイク企画で一躍人気者となったIrisが2ndシングルを9月にリリース

エキサイトミュージック 8月1日(月)12時45分配信

テレビの企画で日本縦断ヒッチハイクの旅を達成したマレーシア出身のシンガー・Iris(アイリス)。彼女の2ndシングル『小さな声』が9月14日に発売されることが発表され、泣き顔が印象的な新しい写真も公開された。

約半年間にわたる日本縦断ヒッチハイクの旅を今年の3月に終え、その後いきなりコーセー「雪肌粋」のイメージキャラクターに抜擢されたIris。「雪肌粋 ホワイト洗顔クリーム」のCMにキャスティングされ、そのイメージソング『I love me』で4月にメジャーデビューを果たした。

7月からは、現在話題のインターネットテレビ局AbemaTVのニュース番組『AbemaPrime』(月~金 21:00-23:00)の月曜レギュラーレポーターを担当し、6言語を話すマレーシア出身のIrisならではの視点で“日本の不思議”をレポートしている。

その『AbemaPrime』のエンディングテーマソングとして、Irisの2ndシングル「小さな声」が使用されることとなった。8月1日の放送をもって、ミュージックビデオの一部と共に音源が初公開される。

「届かない想いを懸命に伝えようとする女性の想い」を綴った『小さな声』の歌詞は、「若者の知りたいことをド正面から向き合って伝える」がテーマの『AbemaPrime』のエンディングに非常にマッチしている。

メジャーデビュー曲「I love me」とは全く違うイメージの『小さな声』を9月14日にリリースするIris。明るく元気な彼女が泣いている印象的なミュージックビデオも来週には解禁となる。

≪リリース情報≫
2nd Single
『小さな声』
2016.09.14リリース
SRCL-9105 / ¥1,300(税込)
[収録曲]
1. 小さな声
2. ナツコイ
3. 恋よ叶えて

最終更新:8月2日(火)12時30分

エキサイトミュージック

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。