ここから本文です

ハリポタ最新作「呪いの子」でシリーズ終了!

シネマトゥデイ 8月1日(月)18時2分配信

 「ハリー・ポッター」シリーズ第8弾に位置付けられている2部作の舞台「ハリー・ポッターと呪いの子」と、その脚本を書籍化した最新刊を持って、同シリーズが終了すると原作者J・K・ローリングが断言した。E! News などが報じた。

【写真】中年のハリー、ロン、マルフォイ!

 「ハリポタ」シリーズ第8作として、前作から19年後のハリーとその息子アルバスの姿を描く本作。7月30日(現地時間)、ロンドンにて本演を迎えた同舞台の会場に駆け付けたローリングは、さらなる新作を期待して良いかとファンから問われると、「ノー、ノー」とその可能性を否定した。

 続けて、「(ハリーは)この2部作の舞台を通して、壮大な旅を経験するわ。これでおしまいね。これは次の世代のお話なのよ。とても美しく実現した舞台を観られてとてもうれしいわ。でも、ハリーについてはもう終わりね」と説明した。

 そもそもローリング自身、第7弾「ハリー・ポッターと死の秘宝」で完結を予定していたために、今作「ハリー・ポッターと呪いの子」も念頭になかったそう。「次の世代について、この舞台でとてもよくできたと思うわ。うまくいくだろうっていうのがわかっていた。だから、新たな小説を書くつもりはなかったけれど、でも(今作が)ファンにとって何か特別なものになればと思っているわ」と執筆した意義を明かした。

 そして2部作の本舞台の脚本を書籍化したものが、ローリングの誕生日でもある7月31日にイギリスをはじめとする各国で発売されたばかり(日本語版11月15日発売)。ブームが再燃する中、同作を持って、ハリーの今後が描かれなくなることは残念だが、「ハリポタ」の世界観を共有した新たな映画シリーズとして、オスカー俳優のエディ・レッドメインを主演に据えた新作映画『ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅』(日本公開11月23日)が今年公開される。(編集部・石神恵美子)

最終更新:8月1日(月)18時2分

シネマトゥデイ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。