ここから本文です

【巌流島】田村がTKO負け

東スポWeb 8月1日(月)16時50分配信

 格闘技イベント「巌流島」(31日、有明コロシアム)で“孤高の天才”田村潔司(46)は、ボクシングの元WBF世界ヘビー級王者エルヴィス・モヨ(32=ジンバブエ)に5R32秒、TKOで敗れた。

 試合は「猪木vsアリ戦ルール、40年目の公開検証」と題し、1976年6月26日に行われたアントニオ猪木VSモハメド・アリの異種格闘技戦を参考にしたルールで行われたが、田村は4Rまでに合計3度のダウンを喫する。最終5Rにもパウンド連打を食らい、試合続行不可能と見たレフェリーが試合を止めた。

 またメーンでは3月までUFCで活躍していた菊野克紀(34)が、ムエタイ3冠王のクンタップ・チャンロンチャイ(36)にわずか1R4秒、右フック一撃で一本勝ち。2595人の観衆に衝撃を与えた。

最終更新:8月1日(月)16時50分

東スポWeb

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。