ここから本文です

<笑福亭鶴瓶>ラブシーンで「触ったらダメ」に憤慨

まんたんウェブ 8月1日(月)20時13分配信

 落語家の笑福亭鶴瓶さんが1日、東京都内で行われた映画「後妻業の女」(鶴橋康夫監督)の完成披露舞台あいさつに主演の大竹しのぶさん、鶴橋監督らと出席。同映画で大竹さんとのラブシーンに挑戦したという鶴瓶さんは、「『ベッドシーンはこうするんだ』と熱弁されたけど、本番では『触ったらダメだ! それ以上ダメだ!』と(大竹さんに)全然近付きもできなかった。ひどいですよ、この人」と鶴橋監督にクレームをつけ、笑いを誘った。

【写真特集】豪華キャストがずらり 舞台あいさつの様子

 大竹さんとのキスシーンの撮影では、「(脚本に)『舌がからまる』とか書いてあるからがっといったら、この方(大竹さん)が歯を(食いしばって)。逃げてるんですよ。(監督も)『ダメだ!』って。そんなん書いてあるのと全然違う。ひどいですから」と嘆き節で、同席した津川雅彦さんから「鶴瓶さんが真っ裸になってしのぶちゃんの前に立ったら、そりゃ逃げますよ。この映画の唯一の欠点」と突っ込まれていた。

 映画は、黒川博行さんの小説「後妻業」(文春文庫)が原作。金持ちの男の後妻に入り財産を奪う“後妻業”をテーマに、金持ち男をだまそうとする小夜子(大竹さん)の姿を描く。27日公開。

 この日は、豊川悦司さん、尾野真千子さん、永瀬正敏さん、水川あさみさん、風間俊介さんも出席。鶴橋監督は冒頭、一人一人の横に立ち、その人の役などを説明するなど、自由な振る舞いであいさつ。さらに最後のあいさつではネタバレになるような発言をして、キャスト陣を苦笑いさせていた。

最終更新:8月1日(月)20時31分

まんたんウェブ