ここから本文です

【RIZIN】榊原CEO、RIZIN旗揚げ前から山本美憂誘っていた

イーファイト 8月1日(月)21時57分配信

 9月25日(日)さいたまスーパーアリーナで開催される『RIZIN FIGHTING WORLD GRAND-PRIX 2016 無差別級トーナメント開幕戦』の記者会見が8月1日(月)都内にて開かれ、女子レスリングの元世界王者・山本美憂のMMA(総合格闘技)デビュー戦が同大会で行われることが発表された。

【フォト】山本美憂の登場を拍手で迎えた高田延彦・統括本部長

 今回の山本の参戦経緯について、榊原信行RIZIN FF CEOは次のように説明した。

「昨年、RIZINを立ち上げることを決めた時点で、女子格闘技の試合を何試合か組もうと決めました。その時にまず最初に思いついたのが山本美憂選手でした。アーセン選手との出場交渉と同時進行で、美憂選手も出られませんかと話をしましたが、昨年秋の時点ではまだリオ五輪出場にチャレンジしている状況でした。

 年齢も41歳ですが年齢は関係ないと思う。ここまで常にトップアスリートとしてここまで追い込んできた山本美憂をこのまま終わらせていいのかということを、6月末にカナダへ飛んで直接伝えました。9月25日から女子MMAの世界で世界一を目指してほしい。それを目指せるだけの実績とポテンシャルがあると思います。これで女子も戦国時代が訪れるんじゃないかと思います」

 会見に同席した高田延彦・統括本部長は「夢のような話」だとし、「(父親の)郁榮さんから聞いた話では、美憂はパンチがとにかく凄いよ、とのお墨付きをいただいております。昨今、ママ・アスリートという出産されてからまた競技に復帰する女性が増えています。その中で非常に高い記録を残している事例も多くあるので、そういう意味でもこれからどうしようかと悩んでいる、あるいはママになろうとしている現役のアスリート女性たちに、戦いを通して勇気や希望を与えていただけるような素晴らしい戦いを見せてもらいたい」とエールを送った。

 なお、対戦相手については「いろいろなカードが思い描けます。思い出作りではなく本当にこれから世界一を目指して参戦して来るので、相手は選んでいられない。話題性も含めて噛み合う相手を候補に出し、本人とコーチのKID(山本“KID”徳郁)君と相談して決めていきたい」(榊原CEO)としている。

最終更新:8月2日(火)8時48分

イーファイト

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。