ここから本文です

ルノー日産傘下の露アフトワズ、4期連続の赤字 上半期決算

レスポンス 8月1日(月)13時27分配信

ルノー日産の傘下で、ロシア自動車最大手のアフトワズは7月28日、2016年上半期(1‐6月)の決算を公表した。

[写真:ラーダ・ベスタ]

同社の発表によると、上半期の売上高は、871億ルーブル(約1350億円)。前年同期比は5%減だった。これは、ロシア新車市場の縮小の影響。

一方、上半期の最終損益は、27億6000万ルーブル(約43億円)の赤字。上半期としては、2013年から4期連続で、赤字を計上している。

上半期のロシア新車販売台数は、12万4353台。前年同期比は11.6%のマイナスだった。それでも市場シェアは19.8%と、前年同期に対して、0.8ポイント上昇した。

アフトワズは、「さらなるコスト削減を強力に進めていく」とコメントしている。

《レスポンス 森脇稔》

最終更新:8月1日(月)13時27分

レスポンス