ここから本文です

フランス老舗レーベル50周年盤「サラヴァの50年」に椎名林檎&カヒミ参加

音楽ナタリー 8月1日(月)12時1分配信

ピエール・バルーが設立したレーベル・SARAVAH(サラヴァ)の発足50周年を記念したコンピレーションアルバム「サラヴァの50年」が、9月28日にリリースされることが決定した。

【この記事の関連画像をもっと見る】

ピエールの娘マイア・バルーをはじめ、フランス、日本、カナダのアーティストたちが集まりサラヴァの名曲をカバーした本作。日本からは椎名林檎とカヒミ カリィが参加しており、椎名は「白い恋人たち」(13 jours en France)のリメイク「13 jours au Japon ~2O2O日本の夏~」を、カヒミはブリジット・フォンテーヌ&ジャック・イジュランの「お前に生ませた子供」を歌っている。

V.A.「サラヴァの50年」収録曲 / アーティスト(曲順未定)
・13 jours au Japon ~2O2O日本の夏~(ピエール・バルー)/ 椎名林檎・お前に生ませた子供(ブリジット・フォンテーヌ)/ カヒミ カリィ&アルバン・ドゥ・ラ・シモン・やに(ブリジット・フォンテーヌ)/ マイア・バルー・自転車(ピエール・バルー)/ ベルトラン・ベラン・あたり前(ブリジット・フォンテーヌ&アレスキ)/ フランソワ・モレル&ヨランド・モロー・綱渡り(ジャン=ロジェ・コシモン)/ フランソワ・モレル・地峡を取って(ピエール・バルー)/ バスティアン・ラルマン・サンバ・サラヴァ(ピエール・バルー)/ セブラン・あなたはもういない(ブリジット・フォンテーヌ)/ ジャンヌ・シェラル&セブラン・テル・ミー(ジャック・トゥリーズ)/ ベアーズ・オブ・レジェンド・マフィーンに捧ぐ歌(チック・ストリートマン)/ カメリア・ジョルダナ・ラスト・チャンス・キャバレー(ピエール・バルー)/ オリヴィア・ルイス

最終更新:8月1日(月)12時2分

音楽ナタリー

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。