ここから本文です

Windows 10公開1周年アップデートの次が動き出した

ITmedia PC USER 8月1日(月)6時25分配信

 Windows 7/8.1からWindows 10への無料アップグレードキャンペーンは2016年7月29日に終了した。Windows 10の直近で大きなトピックは、8月2日に無料で一般公開される大規模アップデート「Anniversary Update(Redstone 1)」となる。

【Windows Insider Programには今からでも参加可能】

 もっとも、Microsoft社内では既にAnniversary Updateの次に行う大規模アップデート「Redstone 2(RS2)」の開発に注力している。

 米MicrosoftのWDG(Windows and Devices Group)部門で主にWindows Insider Programを通じたプロモーションを担当するドナ・サルカール氏は7月29日(現地時間)、「Windows Insider Program.next()」というタイトルで公式ブログ(Windows Experience Blog)への投稿を行い、Windows Insider Programの「次のマイルストーン」を紹介している。

●Windows Insider Programは継続

 Windows Insider Programは、Windowsの最新プレビュー版(Windows 10 Insider Preview)を一般公開前に試用し、開発側へフィードバックすることで製品改善に役立てるというMicrosoft提供のプログラムだ。開発者やIT管理者だけでなく、Windowsの開発に参加してみたいという一般ユーザーも無料で登録できる(ただし、Windows 10 Insider Previewは不具合も多く注意が必要)。

 Windows Insider Programはそれだけでなく、「Windows 10ファンを増やす」というコミュニティー的な役割も担う。また、2015年11月配信の「November Update(1511)」以降はプログラム参加者へのWindows 10 Insider Previewのアップデート提供が高頻度になり、Fast Ringユーザーはより「人柱」的な性格が強い仕組みとなっていた。

 実際、サルカール氏はNovember Update以降の約8カ月間でPC向けに28回、モバイル向けに20回のWindows 10 Insider Previewを提供したと説明しており、単純計算でも月に3~4回、つまりほとんど毎週最新ビルドがFast Ringユーザーに提供されていたことになる。この方針は今後も継続していくようで、Fast Ringユーザーは連日のアップデートを広い目で受け入れていかなければならない。

 また、Windows Insider Programが提供されたことで、プログラム参加者のテストユーザーと開発者との関係がより密でスピーディーとなり、細かいフィードバックが以前に比べても反映されやすくなったという。

 プログラム参加者向けにInsider Hubを通じた情報提供のほか、日本でも2016年春に初めて開催されたMeetupイベントなど、ユーザーとのコミュニティーを大切にする仕組みを今後も提供していくとのことで、この辺りも楽しみにしたいところだ。

●Windows 10 Insider Previewは間もなく「Redstone 2」へ

 さて、Windows Insider Programについては、8月2日に一般公開されるAnniversary Updateの次のマイルストーンである「Redstone 2(RS2)」への助走がスタートしている。

 Anniversary Updateのビルド番号である「Build 14393」に「Cumulative Update(累積的な更新プログラム)」が適用された「Build 14393.3」と「Build 14393.5」が連続リリースされるなど、1週間以上同じビルドでの足止め状態が続いていたが、7月28日(米国時間)にはついに「Build 14894」というMicrosoft内部ビルドが出現し、再びビルド番号の更新が始まった。

 サルカール氏によれば、8月以降に(Anniversary Update以後のビルドとなる)Windows 10 Insider Previewの配信を再開するとのこと。早ければ8月1日週の後半か、その翌週前半にはRS2に相当する最初のWindows 10 Insider Previewの提供がWindows Insider Program参加者向けに始まるだろう。

 RS2における新機能や開発目標はまだまだ不明だが、2017年春の提供を目標にしているといわれる。一部では新型SurfaceとともにリリースとのうわさがあったRS2だが、現在では否定されている。

 いずれにせよ、2016年秋以降にはより多くの情報が出てくるだろう。

[鈴木淳也(Junya Suzuki),ITmedia]

最終更新:8月1日(月)6時25分

ITmedia PC USER