ここから本文です

広瀬すず、初訪韓で韓国語披露!「第20回富川国際ファンタスティック映画祭」

cinemacafe.net 8月1日(月)21時0分配信

韓国・富川市で7月21日(現地時間)から開催された第20回富川国際ファンタスティック映画祭。300本以上の作品が上映され多くのゲストが登場したが、中でも注目を集めたのがチャン・グンソクだ。短編映画部門に『偉大なる遺産』(原題)の監督として登壇、喝采を浴びた。

【画像】広瀬すず

現在、漢陽大学・大学院で映像演出を学んでいるチャン・グンソクが大学院の友人らと製作したこの作品は、昏睡状態になってしまった父の貯金をおろすため、息子がパスワードを推理するというストーリー。主人公は「星から来たあなた」のノ・ヒョンウクが演じ、チャン・グンソクは監督に専念している。

ほかの短編監督らと並んで登壇したチャン・グンソクは「親子とは一番近い関係だけれども、近すぎて、その愛に気づかない。後になって悔やむ若者を描こうと思いました」と真剣な顔つきで語った。短編映画は6本連続で上映されるため、一緒に登壇したほかの短編映画の監督は「グンソクさんが短編を撮ってくれたおかげで、一生浴びることのない量のフラッシュを浴びました」と喜んでいた。

その後、富川駅前広場ではチャン・グンソクのオープントークも開かれ、日本人のファンも多く詰めかけた。今後、映画監督として活動していくのか、という質問には「演技も演出も未熟ですが、どちら挑戦していきたいですし、いつかは長編も監督したいです。大学院ではこれ以外にも数本、短編や中編を撮りましたが、撮るたびに難しくなる。常に学んで行かなければと思います」と語った。

また、日本からは広瀬すずが、小泉徳広監督と友に『ちはやふる』の舞台挨拶を行った。これが初訪韓となった広瀬さんが韓国語で「はじめて韓国に来ました。『ちはやふる』を宜しくお願いします。おいしいお肉を食べたいです!」と挨拶すると、満席の観客から大きな拍手があがった。

また、女優でもある松本花菜監督の『脱脱脱脱17』も上映され、こちらも評判となっていた。松本監督は映画祭の企画コンペティションでも、次回作『Human parts company』が入賞。18歳の大学生監督の才能に注目だ。

映画祭は29日、長編コンペティション部門に、ナ・ホンジン監督の新作『哭声』(原題)を選出。日本の國村隼も出演している同作のアンコール上映で31日に11日間の幕を閉じる。

最終更新:8月1日(月)21時0分

cinemacafe.net