ここから本文です

オプテックス、法人車両向け安全運転データサービスを10月から開始

レスポンス 8月1日(月)14時58分配信

オプテックスは、スムーズな発進・停止を促すことで、事故につながる危険運転削減に貢献する法人車両向け安全運転データサービス「セーフメーターデータサービス」を10月から開始する。

運転者は専用端末の表示とアラームによって自身の運転状況に気づくことで安全運転意識を高め、管理者はクラウドサーバーに蓄積された全車両の運転状況を一元化するアプリケーションで一元管理できる。

「セーフメーターデータサービス」は、ゆっくり発進、ゆっくり停止の継続回数を運転者専用端末に表示する。良い運転のみの見える化して、運転者本人の安全運転意識を継続してもらう。本体は電池式なので取り付け工事は不要。

専用端末の本体部とホルダは脱着可能で、1台を複数の運転者で共用利用する場合でも、運転者ごとの管理が簡単にできる。専用端末はOBDポートに接続しないため、サイバー攻撃などの影響を受けない。運転データの提供で事故削減以外のサービスにも活用できる。

《レスポンス レスポンス編集部》

最終更新:8月1日(月)14時58分

レスポンス

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

地球外生命を宿しているかもしれない1つの惑星と3つの衛星
地球外にも生命はいるのでしょうか?NASA(アメリカ航空宇宙局)の惑星科学部門の部門長であるジェームズ・グリーンと一緒に、地球外生命を宿していそうな場所を太陽系内の中で探してみましょう。 [new]