ここから本文です

筒香球団タイ月間31打点も…DeNA5割に逆戻り

デイリースポーツ 8月1日(月)9時0分配信

 「広島6-4DeNA」(31日、マツダスタジアム)

 また1つ記録を作った。1点を追う六回、DeNA・筒香嘉智外野手が左中間に同点適時二塁打。7月の月間打点を31とし、99年7月のローズに並ぶ球団タイ記録。「絶対にランナーをかえすぞ、と打席に入りました」と振り返った。

 その直後だった。ロペスの右前打で、本塁に滑り込みながら左手でベースタッチ。だが、セーフの判定に広島側が異を唱えてリプレー検証。「ホームベースにタッチしたのは分かっていた。石原さんが『タッチしていない』と言っていたので」。判定は覆らず、一時は逆転に導いた。

 個人の記録より、チームの勝利を優先する。チームは逆転を許し、八回は一発が出れば同点という場面でジャクソンとの力勝負。153キロの直球に空振り三振に倒れた。連勝は止まり、貯金は0に逆戻りとなった。

 大活躍の7月だった。球宴で2試合連続本塁打。月間16本塁打はヤクルト・バレンティンの18本に次ぐ数字で、日本選手トップタイ。そして球団タイ記録の月間31打点。「8月も今まで通り変わらずやっていきます」と力強く約束した。

最終更新:8月1日(月)9時9分

デイリースポーツ

スポーツナビ 野球情報

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]