ここから本文です

ポケモンGO更新で「データ消えた」とレビュー低評価に

ITmedia ニュース 8月1日(月)9時53分配信

 7月31日に大幅なアップデート「0.31.0」が施されたPokemon GOアプリだが、アップデート後再ログインするときのインタフェースのわかりにくさから「データが消えてしまった」とするユーザーが相次いでいる。App Storeでのレビューも星1つの低評価が増えており、8月1日現在、総合レビューは5点中1.5だ。

【起動時の警告画像】

 Pokemon GOではGoogleアカウントを複数持っている場合、最初に登録したメールアドレスと異なるものが提示されることがあり、そのアカウントをそのまま再ログイン時に使った場合、冒険は最初からやり直しになる。このため「アップデートしたらデータが消えた」と考えてしまうことが多い。

 この場合はいったんサインアウトして、メールアドレスをタップし、そこに最初に登録したメアドを入れることで、元のアカウントに復帰できる。

 Nianticのサポートページでは、「トレーナーのレベルが一時的に Level 1 にリセットされる」「トレーナーのレベルが1にリセットされている」というFAQに、次のように答えている:

ご自身で2つのPokemon GOアカウントを作成されている可能性があります: 1つはGoogleアカウントでもう1つのアカウントはポケモントレーナークラブのアカウントである可能性があります。

もし どちらかのログイン方法でアカウントを作成され、その後もう一方を試された場合、Pokemon GOのアカウントをあやまって2つ作成してしまった状態が考えられます(Googleアカウントとは別にポケモントレーナークラブアカウントを作った場合など)。これまでのやり方とは別の方法でログインをされますと、別のアカウントが新たに作成されてしまいますのでご注意ください。

もしそうなってしまった場合、一度サインアウト(メインメニューをタップ > 設定 > “サインアウト” を選択)を行ったあと、もともと利用していたアカウントでログインをお試しください。

●ログイン以外にも問題が

 なお、再ログインすると、音楽、効果音、振動、メルマガ受信などのオプションはすべてオンになるため、不要の場合はその都度外す必要がある。

 また、iPhoneの場合、バッテリーセーブモードが設定画面から削除されている。これはApp Storeでのアップデート内容に含まれておらず、App Storeでのレビューで不便を訴えるユーザーの声は多い。

 バッテリーセーブモードにすると、iPhoneを上下さかさまにすると画面が暗くなり、消費電力を抑えることができ、大量にバッテリーを使うPokemon GOでは有用とされてきたが、その一方で、復帰時にタッチが効かなくなる不具合もあり、バグフィックスが望まれていた。Android版は削除されていないが、同様の問題は報告されている。

 NianticのFAQにはiPhone版でのバッテリーセーブモード削除については触れておらず、「バッテリーの消費」という項目で「端末によって、長時間Pokemon GOをプレイされた場合にバッテリーが大量に消費される場合がございます。この問題については私たちも常に改善を行っております」と説明している。

●アップデートで変わったこと

 Pokemon GOユーザーがジムやポケストップを訪れてプレイする際のマナーが社会問題化しているが、今回の改訂ではアプリ起動時に「歩きながら画面を見続けたり、運転中のプレイはやめてください」「危険が予想される地域には、立ち入らないでください」などの警告が出るようになった。

 アバターを初期設定以外でも変更可能になったことから、レベル5になったときに決めるチームのカラーに合わせてコスチュームを変える楽しみも増えた。

最終更新:8月1日(月)9時53分

ITmedia ニュース

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]