ここから本文です

GLIM SPANKY「少女」主題歌MV公開、幻想的な世界観映し出す

音楽ナタリー 8月1日(月)12時2分配信

GLIM SPANKYの楽曲「闇に目を凝らせば」のミュージックビデオがYouTubeで公開された。

【この記事の関連画像をもっと見る】

「闇に目を凝らせば」はGLIM SPANKYが7月20日にリリースした2ndアルバム「Next One」の収録曲。10月8日に公開される映画「少女」の主題歌に決定している。

MVはGLIM SPANKYが7月9日に東京・東京キネマ倶楽部にて行ったワンマンライブ「Velvet Theater 2016」の映像で構成されている。松尾レミ(Vo, G)はMVについて「GLIM SPANKYのライブの雰囲気と、大切にしている幻想的な世界観と、サイケデリックな世界観が伝わる映像になっていると思います。映画の後に聴くのとまた一味違ったイメージを持てると思うので、是非見てください」とコメント。亀本寛貴(G)は「楽曲と東京キネマ倶楽部という場所の雰囲気が合わさって、独特な世界観の映像になったと思います。是非その世界観を楽しんで下さい」と述べている。

映画「少女」は湊かなえのベストセラー小説を原作に、17歳の少女たちの心の闇を描いたミステリー作品。本田翼と山本美月が主演し、監督を三島有紀子が務める。

最終更新:8月1日(月)12時2分

音楽ナタリー

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。