ここから本文です

北朝鮮のハッキング 「安保を脅かす挑発」=韓国政府

聯合ニュース 8月1日(月)13時57分配信

【ソウル聯合ニュース】北朝鮮のハッカーとみられる集団が韓国政府の外交・安全保障関係官庁職員らの電子メールをハッキングしようとした問題で、韓国統一部の当局者は1日、「国の安保を脅かす厳重な挑発だ」と非難した。関係職員のフリーメールが実際にハッキングに遭ったが、現時点で機密の流出は確認されていないようだ。

 韓国の検察は上半期(1~6月)に外交、安保関係の公務員や専門家90人の電子メールに対するハッキングが試みられ56人のパスワードが漏れたとしながら、北朝鮮のハッカー組織によるものと推定した。

 これについて政府としての立場を尋ねられた同当局者は、北朝鮮を非難するとともに、こうした行動の中断を求めた。

 統一部では職員1人が個人的に使うフリーメールがハッキングされたという。流出した文書は個人の資料だけで、公文書は含まれていないとした。

 外交部の当局者も「一部の職員が外部でフリーメールを使う際にそうしたこと(ハッキング)があったのではないかと思う。事務所内でフリーメールは使わない」と話している。

 国防部の文尚均(ムン・サンギュン)報道官は定例記者会見で、「国防部関係者が巻き込まれたかどうかなど事実関係を確認中だ」と答えた。軍関係者によると、ハッキングを仕掛けられたのは現役軍人2~3人だが、機密の流出はないようだ。

 政府当局者は「外交・安保関連官庁の内部ネットワークは外部のネットワークとは切り離されている。職員のフリーメールがハッキングされたからといって内部ネットワークの機密資料にアクセスできるものではない」とした。この当局者はまた、「今後、外交・安保関係官庁の職員を対象にしたセキュリティー教育を強化し、北のハッキングに備えた訓練も徹底する」と話した。

最終更新:8月1日(月)14時1分

聯合ニュース

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。