ここから本文です

2016年4~6月ウエハー出荷、四半期過去最高を更新

EE Times Japan 8月1日(月)10時45分配信

■2016年全体としては、実質的に横ばい

 SEMIは、2016年第2四半期(4~6月)の世界シリコンウエハー出荷面積を発表した。

 同統計によると、2016年第2四半期のシリコンウエハー出荷面積は、27億600万平方インチ。前四半期(同年1~3月)の25億3800万平方インチから6.6%増加し、四半期の出荷面積として、4四半期ぶりに過去最高を更新した。前年同期比(2015年4~6月)でも0.1%増である。

 SEMI Silicon Manufacturers Group会長のVolker Braetsch氏は、「シリコンウエハー出荷面積の成長は勢いを増し、四半期の出荷面積では過去最高となった。しかし、年初からこれまでの累計出荷面積は、前年比で実質的に横ばいとなっている」と語る。

 同統計はSEMI Silicon Manufacturers Groupによるシリコンウエハー業界の分析結果を基に算出。ウエハーメーカーがエンドユーザーに対して出荷した、バージンテストウエハー、エピウエハーを含むポリッシュドウエハーと、ノンポリッシュドウエハーを集計している。なお、太陽電池用シリコンウエハーは含まれない。

最終更新:8月1日(月)10時45分

EE Times Japan