ここから本文です

メモリアル勝利で見た“暗黒時代”から培った広島・黒田と新井の深い絆

デイリースポーツ 8月1日(月)11時0分配信

 記念レリーフを受け取った黒田は、ベンチに戻る新井を呼び止めた。「200WINS」。誇らしげに2人で頭上に掲げ、黒田はこの日一番の笑顔を見せた。新井は「自分の2000本(安打)よりうれしかった」と言った。黒田と新井。この光景に2人の絆を見た。

 7月23日の阪神戦(マツダ)。王手を懸けてから3度目の挑戦で、黒田は7回を5安打無失点の好投を見せた。史上26人目、日米通算では野茂氏に次ぐ2人目の快挙。歓喜に湧く球場には涙する人の姿もあった。「自分自身、感動しています」。ヒーローインタビューで黒田は、少し興奮気味に声を張った。

 出会いは新井がドラフト6位で入団した1999年シーズン。黒田は「デカいな…と思った」と初対面の印象を語る。投手と野手。接点は多くない中、仲を深めたのは2003、04年。山本浩二監督(当時)の下、エースと4番として投打の柱を託された。黒田が静かに当時を振り返る。

 「あの年は2人で結構、参っていた時期も多かったですね。ちょっとお互いに、自分自身も勝てなくて、新井も全然打てなくてヤジも飛ばされて、という時があった。そのころから、置かれた立場的も同じような境遇。そういう部分で親近感というのは、あったのかもしれないですね」

 慰め、励まし合うように、2人で頻繁に飲みにも出掛けた。「その時は結構、飲んだのは覚えています」と、懐かしんでほほ笑む。選手会長も務めていた黒田は新井と、ファンサービスの方法も話し合った。観客が1万人を割ることも珍しくなかった時代だ。「特に2000年台前半とかは市民球場のお客さんが入らない中で、ずっとお互いプレーしてきましたからね」。黒田、新井がグラウンドで見せる必死な姿、勝利への執念の背景には、当時の記憶がある。勝つことに飢えていた。

 2人の8年ぶり復帰を実現させた鈴木球団本部長は言う。「よく言われる“暗黒時代”でチームの中心。新井と2人、一番成績がいい時に悪い方の条件を飲んでくれた」。口を開けば常に、勝つための方法だった。そんな姿が若いチームの中、精神的な支柱になると確信があったという。

 「当時とは違う。球団の財力、環境も変わって堂々と争える環境を整えたぞ、という思いはあった。迎え入れる環境がようやく整ったのが昨年、一昨年。もう一つ、上に行きたいと考える中で、若いチームに柱、核が必要だと痛切に感じていた。新井にしてもそうだし、2人に支えてほしい、と。彼らがいたらチームが変わる、ずっとその思いはあった」

 予想通りにチームは変わった。黒田、新井の背中に「毎日、学ばせてもらっている」と菊池は言う。勝ってほしい、打ってほしい-という思いは、首位独走の大きな要因となった。「節目の記録のタイミングで、チーム全体として盛り上げるムードを作れている。自分の力だけじゃなく周りの力と、いい相乗効果」とは緒方監督。石井打撃コーチも「この位置にいるのは新井と黒田、この2人の存在がとても大きい。若い選手に背中で示してくれている。(打撃コーチで黒田とは)担当部門は違うけど本当に感謝しています」と、投打の両輪に最敬礼だ。

 広島での優勝経験は、まだない。昨季、時を同じくして8年ぶりに戻ってきた2人。新井は言う。「黒田さんも僕も、負けん気があるんだと思います。中央に負けるか、巨人には負けんぞ、と。みとけよ、広島の小さな町かもしれないけど、人気球団には負けないぞという負けん気。だからこそ誇りを持っていますよね。広島という町に、チームに」。2人の夢は、渇望は届くだろうか。反骨心が生んだ200勝と、2000安打。その先に25年ぶりのリーグ優勝が待っている。(デイリースポーツ・田中政行)

最終更新:8月1日(月)17時15分

デイリースポーツ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]