ここから本文です

ロードスター乗り世界一決定戦「グローバルMX-5カップ」、国内は全5戦を開催

レスポンス 8月1日(月)21時55分配信

マツダ『MX-5(ロードスター)』をベースとした世界同一仕様車による本格的なワンメイクレース「グローバルMX-5カップ ジャパン」 の開催が決定した。

[関連写真]

グローバルMX-5カップは、世界同一仕様車で、世界統一ルールによる、世界一のMX-5レーサーを目指す機会を提供する、画期的なレースプログラム。すでに米国で開催されているレースシリーズをグローバルに展開し、2017年度、スポーツランドSUGO、ツインリンクもてぎ、鈴鹿サーキット、岡山国際サーキット等、日本を代表する国際サーキットを舞台に全5戦のシリーズ戦が開催される予定だ。

マシンは、北米仕様の2リットルエンジン、左ハンドルのMX-5をベースに、米国ロングロードレーシング社が製作したカップカーを使用。モータスポーツパーツメーカーのキャロッセが輸入・販売、サポートを行う。吸排気や足回り、ブレーキ、ミッションなど、エンジンを除く大半のパーツはレース用に強化され、BFグッドリッチ製のスリックタイヤをワンメイク採用。さらに、エンジンやECUなどの主要パーツは輸入前にロングロードレーシング社で封印が行われ、ほぼすべてのパーツが指定されているため、カップカーは高いイコールコンディションが保たれる。

グローバルMX-5カップ ジャパンは、全戦が異なるサーキットで行われるため高い適応力が求められ、決勝レースは1人で45分間のスプリントに挑むタフネスも必要とする、本格的なドライバーズレースとなる。シリーズを勝ち抜いたドライバーには、総額500万円の大会賞金と、各国シリーズの上位者が集まり、米国マツダレースウェイ・ラグナ・セカで開催される世界一決定戦に参加する権利が与えられる。さらに、日本での開催を記念して、2017年度フルシーズン参戦したドライバーには、ボーナス賞金も用意されている。

参加資格はASN(ナショナルスポーツオーソリティー)発給の国内競技運転者Aクラス以上の所持者。フルシーズン参加費は54万円、スポット参加費は16万2000円。カップカーの販売価格は788万4000円。

《レスポンス 纐纈敏也@DAYS》

最終更新:8月1日(月)22時3分

レスポンス

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]