ここから本文です

松平健、吉木りさのセクシー衣装に悩殺!?「照れてあまり見られなかった」

Movie Walker 8/1(月) 19:47配信

人気SFアクションシリーズの最新作『X-MEN:アポカリプス』(8月11日公開)のスペシャルプレミアが、8月1日に品川ステラボールで開催。最強の敵・アポカリプス役で日本語吹替版声優に初挑戦した松平健と、スペシャルサポーターの吉木りさが舞台挨拶に登壇した。プレミア後の囲みの会見で松平は、セクシーで露出度の高いコスプレをしてきた吉木について「横だったのであまり見られなかった。照れますから」とタジタジだった。

【写真を見る】吉木りさ、ダイナマイトバディを披露!

プレミアでは、巨大なアポカリプスのセットから現れた松平。「アポカリプスは最高の敵と言われていますが、堕落した世界を正す、世直しの神なんです。是非、その魅力を感じてほしい」とアポカリプスについてアピールした。

アポカリプスの配下にいる美しい女戦士・サイロックのコスチュームをまとった吉木は「ちょっとセクシーなのでドキドキしつつ、サイロックのような身体能力が私にもついたのでは」とまんざらでもない様子。松平は「ああ、頼もしいですね」と微笑んだ。

続いて、慣れない殺陣にトライした吉木は「刀と接する機会がなかったので、ちょっとたどたどしかったです」と苦笑い。その後、松平は吉木に「斜めに構えるとカッコ良いです」と優しく指導。もう一度2人で殺陣を披露すると、吉木は「さっきの私とは全然違った。一番最初が恥ずかしく思えるくらい、カッコ良く教えてもらいました」とうれしそうに語った。

『X-MEN:アポカリプス』では、ミュータントの始祖である最強キャラ、アポカリプスとX-MENたちとの戦いや秘話が語られる。『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』(15)のオスカー・アイザックが最強のミュータント、アポカリプスを演じた。【取材・文/山崎伸子】

最終更新:8/1(月) 19:47

Movie Walker

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

失うことで不完全さの中に美を見出した芸術家
画家のアリッサ・モンクスは、未知のもの、予想しえないもの、そして酷いものにでさえ、美とインスピレーションを見出します。彼女は詩的で個人的な語りで、自身が芸術家として、そして人間として成長する中で、人生、絵の具、キャンバスがどう関わりあってきたかを描きます。 [new]