ここから本文です

40歳佐々木が日本ランカーに挑む

デイリースポーツ 8月1日(月)15時22分配信

 「ボクシング・スーパーライト級8回戦」(2日、新宿フェイス)

 前日計量が1日、都内の日本ボクシングコミッションで行われ、日本同級9位の岡崎祐也(29)=中内=は63・5キロ、元東洋太平洋、日本スーパーライト級、東洋太平洋ウエルター級王者で佐々木基樹(40)=帝拳=は63・1キロで一発パスした。

 今年2月に2年9カ月ぶりの復帰戦をKOで飾った佐々木は、早くも日本ランカーとの対戦。「プロモーターのおかげです。自分にはじっくりチャンスを待つ時間がないので、だれでもいいからランカーとやりたかった」と話した。

 「40歳佐々木」と報じられることに、やや戸惑い?があるようで「この試合に勝ったら11月に41歳になるんで、リングネームを『41歳佐々木』にしようかと考えています」とジョークも。この年齢で現役を続けることについて「賛否はある」としながら「もちろん、自分のためではあるけど、応援してくれる方々の期待に応えたいという気持ちでやっている」とモチベーションを明かした。

 対する岡崎は「偉大なボクサーと闘えてうれしい。とても40歳には見えない。倒しに来るでしょうから、オレもそのつもりでいつも通り、ぶん回していきます」と返り討ちを宣言。大ファンのプロ野球、広島カープが絶好調で「僕も日本一を目指します」と笑顔を見せていた。

最終更新:8月1日(月)15時30分

デイリースポーツ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]