ここから本文です

新型スマホ「ギャラクシーノート7」 3日に公開

聯合ニュース 8月1日(月)19時10分配信

【ニューヨーク聯合ニュース】サムスン電子が3日午前0時(日本時間)、米ニューヨークで新型の大画面スマートフォン「ギャラクシーノート7」を公開する。

 同社は「ギャラクシーノート5」の次期モデルとなる同製品の名称をギャラクシーノート6ではなくギャラクシーノート7に決めた。3月に発売し好評だったスマートフォン「ギャラクシーS7」との相乗効果を狙ったとみられる。

 通常、9月に発売される米アップルの「iPhone(アイフォーン)」よりも1か月早く公開することで機先を制し、ギャラクシーS7とともに今年下半期のスマホ市場で勝負に出るものとみられる。

 また、8月5日のリオデジャネイロ五輪開幕直前に公開することで、五輪の無線通信分野の公式スポンサーとして大々的な五輪マーケティングに取り組む見通しだ。

 ギャラクシーノート7は本体の側面が湾曲したデザインで、メモリーは64Gバイト(GB)モデルのみを発売。ギャラクシーシリーズとして初めて「虹彩認証」を搭載しているとみられる。

 また1200万画素の背面カメラ、強化された自撮り機能、シリーズの象徴であるペン機能「Sペン」の外国語対応、防水機能などの採用が予想されている。

 ギャラクシーS7よりも画面が大きく、メモリー容量が増え、虹彩認証などが搭載されたギャラクシーノート7の価格は100万ウォン(約9万2000円)程度になるものとみられる。

 韓国での予約受付は6日から18日まで実施され、公式発売日は今月19日が有力とされている。

最終更新:8月1日(月)19時17分

聯合ニュース

豊洲へなぜ市場移転 経緯と課題

築地から市場が移転される豊洲で、都が土壌汚染対策をしていなかったことが発覚。そもそもなぜ豊洲に移転するのか、経緯と課題を知る。