ここから本文です

Uber、独自マッピングカーを米国外でも走行開始

ITmedia ニュース 8月1日(月)16時18分配信

 米Uberは7月27日(現地時間)、サービス向上のための独自マップ構築プロジェクトについて発表した。

Uberのマッピングカー

 同社のサービスは、ユーザーからの配車依頼を、デジタルマップ上の最寄りのドライバーが受ける仕組みになっており、デジタルマップの正確さが重要だ。従来は米GoogleのGoogle Mapsをベースにしてきたが、昨年から米国内でGoogleのストリートビューカーに相当するマッピングカーを走らせており、今夏からメキシコでもスタートしたという。今後段階的にマッピングカーによるデータ収集を拡大していく計画だ。

 このプロジェクトを率いるのは、昨年6月にGoogleからUberに引き抜かれたブライアン・マックレンドン氏。同氏は現在Nianticを率いるジョン・ハンケ氏が2000年に創業したKeyholeで2003年からエンジニアリング担当副社長を務め、GogoleによるKeyhole買収でGoogle入りしてGoogle Mapを担当してきたという人物。

 マックレンドン氏は発表文で「われわれのマッピングカーでとらえた道の画像は、例えば最適なピックアップ/ドロップオフ場所や、乗客やドライバーにとっての最適ルートの特定など、Uber体験の根幹の強化に役立つだろう。(中略)地図技術のイノベーションは、これから数年の間に、特に自動運転車のような技術の促進に貢献するだろう」と語った。

 Uberは、このプロジェクトのための投資を倍増するとしている。具体的な金額には言及していないが、米Financial Timesによると、約5億ドルという。

最終更新:8月1日(月)16時18分

ITmedia ニュース

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]