ここから本文です

リオ五輪選手が「ポケモンがいない!」の悲痛なツイート 「Pokemon GO」ブラジル公開は8月5日?

ITmedia ニュース 8月1日(月)16時19分配信

 「リオ五輪選手村で何が最悪か知りたい? @PokemonGoAppがないこと。それ以外は、快適」──。リオ五輪の板飛び込み米国代表選手、アビー・ジョンストン氏は7月26日にこうツイートした。

 世界で大ヒット中のARゲーム「Pokemon GO」は、リオ五輪開催国であるブラジルではまだ公開されていない。既に公開済みの約30カ国以上からリオ入りした選手達は、自分のスマートフォンから、ジムもポケストップも、もちろんモンスターも表示されない閑散とした画面をツイートしている。

 開発元(Niantic、ポケモン、任天堂)はブラジルでの公開について具体的に何も発表していないが、オリンピック開催日の8月5日に公開されるのではないかといううわさもある。

 英Guardianの取材に対し、女子サッカーのニュージーランド代表選手、アンナ・グリーン氏は「選手村でポケモンを捕まえながら走り回れたら楽しかったのに」と答えたが、Pokemon GOができないのが分かったので代わりにトレーニングに励んでいると語った。

最終更新:8月1日(月)16時19分

ITmedia ニュース

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]