ここから本文です

「POKEVISIONは規約違反」、ポケモンGO開発元のCEOが明言 「ゲームの楽しみを損なうことで自身を傷つけている」

ねとらぼ 8月1日(月)16時59分配信

 「ポケモンGO」開発元のナイアンティックCEO、ジョン・ハンケ氏が、「POKEVISION」をはじめとするポケモン探索ツールに対して公式見解を公表。「楽しくないし好きではない」と不快感をあらわにし、今後のサードパーティ製ツールへの対策を示唆しました。発言の概要は、Yahoo!FINANCEが伝えています。

【機能停止された「POKEVISION」】

 ジョン・ハンケ氏はツールの制作者を指して、「彼らは(ツールにより)ゲームの楽しみを損なうことで、自身を傷つけている」と述べています。そして各種ツールがポケモンGOのデータをシステムから取得していることは、規約違反だと明言。将来的にツールが動作しなくなることを示唆しました。

 一連の発言が公開された翌日の7月31日、POKEVISIONは機能を停止しました。同日に施された「ポケモンGO」のアップデートの影響と推測する声もありましたが、ジョン・ハンケ氏の意向を考えると、何らかの対策がシステムに施されたのかもしれません。

 ポケモン探索ツールには「PokemonGO リアルタイムMAP」や「P-GO SEARCH」などもあり、こちらはPOKEVISIONほどの機能はないものの、現在も稼働しています。とはいえ開発元が探索ツールを否定している以上、対策が施される可能性は十分ありえます。今後はツール側と、ナイアンティックによる規制のいたちごっこが続きそうです。

最終更新:8月1日(月)16時59分

ねとらぼ