ここから本文です

アーク、“AR情報付き”の立体物を提供する3Dプリント出力サービス「モケイプラス」

ITmedia PC USER 8月1日(月)17時14分配信

 アーク情報システムは8月1日、立体物の3Dプリント出力にARデータの情報を付加して納品する出力サービス「モケイプラス」を発表、本日より提供を開始した。

 Stratasys製3Dプリンタ「Objet Eden 260S」を用いて立体物の出力を行えるネットサービス。造形物の出力に加えてAR情報の付加が行われるのが特徴で、専用ビューワでの閲覧時にテキストによる付加情報を表示させることができる(iOSデバイスに対応、Android端末への対応については未定)。

 なおサービス利用料は、3D出力料金(使用する樹脂量により算定、1万5000円から/税別)とARサービス(月額~年額での期間契約制、1000円から)により決定される。

最終更新:8月1日(月)17時14分

ITmedia PC USER

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]