ここから本文です

春夏連覇かかる智弁学園が甲子園練習 エース村上は「チームが勝てる投球を」

デイリースポーツ 8月1日(月)18時35分配信

 第98回全国高校野球選手権大会の甲子園練習が1日、スタートし、春夏連覇がかかる智弁学園が練習を行った。センバツ、高松商との決勝戦でサヨナラ安打を放ったエース・村上頌樹は「楽しいですね。いいイメージが大きいです」と、その時以来の甲子園の雰囲気を楽しんだ。

 周囲は春日本一のチームという見方をするが、村上は「(6月の)春の近畿大会決勝で、履正社に負けてます。上には上がいる、ということを気づかされた」と、慢心することなく夏に臨んで、奈良県大会を勝ち抜いた。

 岡沢智基主将も「(後半4イニングに登板した履正社のエース)寺島は変化球を2球しか投げなかった。手を抜いて“ど突かれ”た感じですね」とその試合を思い出す。

 履正社へのリベンジが、チームのモチベーションとなっている。村上は「チームが勝てるピッチングをしたい。エースがしっかりしていれば、チームは乗っていける」と、1戦必勝を誓った。

最終更新:8月1日(月)19時52分

デイリースポーツ

スポーツナビ 野球情報

MLB 日本人選手出場試合9月30日(金)

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。