ここから本文です

サンドウィッチマン・伊達みきおさんが急性胃腸炎になっていた 自身のブログで明かす

ねとらぼ 8月1日(月)18時52分配信

 お笑いコンビ・サンドウィッチマンの伊達みきおさんが、急性胃腸炎で病院に運ばれていたことを自身のブログで明かしました。

【点滴と痛み止めの注射2本】

 ブログによると7月30日、TBC東北放送の番組「サンドのぼんやり~ぬTV」のロケで仙台市内を回っていた伊達さんは、夕方ごろから突然腹部に激痛が走ったそうです。その時の状況を「ロケで美味しそうな食べ物が出ても、なかなか食べる事が出来ない状況に。。」と語っています。

 その後、20時ごろからは腹部の激痛と同時に吐き気を催し、会話ができなくなるほど症状が悪化。22時から公開生放送の予定があったものの、やむなく病院へ向かい、点滴と痛み止めの注射2本を打ち、朝の7時ごろようやく痛みが楽になったんだとか。

 現在は体調が戻りつつあるという伊達さんは、急性胃腸炎の痛みを「しかしあの腹の激痛は耐え難い痛さだった。少し意識ももうろうとした」と振り返り、「完全復活して、また今まで以上に頑張ります!」と復活を宣言し、ブログを締めくくっています。

最終更新:8月1日(月)18時52分

ねとらぼ