ここから本文です

真壁が初黒星 オカダが4連勝で首位に並ぶ=新日本G1

スポーツナビ 8月1日(月)0時5分配信

 新日本プロレスの真夏の祭典「G1 CLIMAX26」第9目となる31日の岐阜・岐阜産業会館では、リーグ戦折り返しとなるAブロック公式戦5試合が行われ、3勝で真壁を追うオカダは天山と対戦。会場の大「天山コール」、ブーイングにも涼しい顔で天山を攻める。場外ではマットのない床に非情DDT。フラップジャック、ジャンピングエルボー、DDT、アッパー、ダイビングエルボードロップからレインメーカーポーズも、レインメーカーは天山が頭突きで阻止。オカダもジョンウー、低空ドロップキック連発、リバースネックブリーカーもカウント2。ツームストンは天山がこらえランニングネックブリーカードロップ、TTDはカウント2。

 小島式ラリアットをかわしたオカダはレインメーカーを狙うが、天山は腕を取ってアナコンダバイス。脱出したオカダはドロップキック、レインメーカーは天山が頭突きで阻止し、ムーンサルトを狙うが、オカダがドロップキック。コーナ上の天山をジャーマンで投げ、そのままレインメーカーで仕留めた。オカダは4勝1敗で真壁に並び首位に立った。

 無傷の4連勝と絶好調の真壁は、丸藤に対し「打って来い」と逆水平を要求し、チョップ合戦。丸藤の不知火は真壁がかわしラリアット、コーナーでナックル連打。フロントスープレックス、ラリアット。真壁のラリアットに丸藤はかかと落とし、トラースキック、スピンキックも真壁はラリアットでなぎ倒す。
 真壁のスパイダージャーマンをかわした丸藤が虎王、狙いすました虎王は真壁がラリアットで迎撃。シットダウン式パワーボムはカウント2。丸藤はラリアットをかわしキックを連発すると、虎王、最後は不知火で真壁に黒星をつけた。

最終更新:8月1日(月)0時5分

スポーツナビ