ここから本文です

インスタ開設はこの布石だった!上坂すみれ、スマホ準拠MV公開

音楽ナタリー 8月1日(月)20時39分配信

上坂すみれの新曲「恋する図形(cubic futurismo)」のミュージックビデオがキングレコードのYouTube公式チャンネルで公開された。

【この記事の関連画像をもっと見る】

この曲のMVは上坂の一連のアートワークを手がける針谷建二郎のクリエイティブチーム・THINKRが制作。監督はそのTHINKRの大野悟が務めている。彼らはスマートフォンに対応した縦長の画面を上下に2分割し、それぞれに動きの異なる、しかし連動した映像を配置した作品を作り上げている。その上下の映像は7月に期間限定で開設された上坂の公式Instagramアカウントに投稿された動画のみで構成されている。

なお「恋する図形(cubic futurismo)」は8月3日にリリースされる上坂のニューシングルの表題曲。サウンドプロデュースをTECHNOBOYS PULCRAFT GREEN-FUNDが手がけており、彼らはMVにも出演している。またシングルにはこの曲のほか、MOSAIC.WAVが制作した「▽をつければかわいかろう」と街角マチオ(ザ・プーチンズ)作詞作曲の「文豪でGO!」が収められ、期間限定盤には今回公開されたMVが収録されたDVDが付属する。

※文中▽は白抜きハートマークが正式表記。

最終更新:8月1日(月)20時39分

音楽ナタリー

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。