ここから本文です

ゲームウイルスから人々を守る新しい仮面ライダーが誕生 『仮面ライダーエグゼイド』10月放送開始

オリコン 8月1日(月)0時24分配信

 「仮面ライダー」シリーズ45周年の今年、10月からスタートする新シリーズの概要が明らかになった。タイトルは『仮面ライダーエグゼイド』(毎週日曜 前8:00)。仮面ライダーシリーズ史上初となる、ゲームの世界と現実の世界を合体させた斬新なヒーローが誕生する。8月6日公開の『劇場版 仮面ライダーゴースト 100の眼魂とゴースト運命の瞬間』に仮面ライダーエグゼイドがいち早く登場することも明らかになった。

レベルアップによる驚きの大変身

 仮面ライダーエグゼイドは、レベルアップによる驚きの大変身で、ゲームウイルス、バグスターから人々の命を救い、平和のために戦う新たな仮面ライダー。

 主人公が変身ベルト “ゲーマドライバー”に、変身アイテム“ライダーガシャット”を挿入することで変身。レベル1の姿でゲームウイルス=バグスターに侵された人々を救い出す。そして、レベル2へとレベルアップして実体化したバグスターと戦い、打ち倒していく。

 新シリーズのもう一つの特徴は、戦いにデジタルゲームで見られるビジュアル効果を盛り込むところ。エグゼイドとバグスターのバトルシーンでは、バトルゲーム的なヒット演出、アクションのゲージ、対決のVS表示、武器のボタン操作など、これまでにない見た目の楽しさも表現していくという。

 仮面ライダーエグゼイドのお披露目の場となる劇場版は、仮面ライダーゴーストこと天空寺タケル(西銘駿)が、究極の眼魂を巡って大いなる試練に挑むストーリー。突如出現した仮面ライダーダークゴーストを追って、歴史上の英雄・偉人たちが暮らす、不思議な村へと辿り着くタケル。100の眼魂を集め、“究極の眼魂”を生みだし、すべての人間をゴースト(幽霊)にしようと企む仮面ライダーダークゴーストの正体は、死んだはずのアランの兄・アルゴス(木村了)。そして、その村には消息不明だったマコト(山本涼介)の父・深海大悟(沢村一樹)の姿もあった。大悟が変身する仮面ライダーゼロスペクターは敵か、味方か? タケルを待ち受ける、運命の瞬間とは!?

■公式サイト
http://ghost-zyuohger.jp/

最終更新:8月1日(月)0時24分

オリコン

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。