ここから本文です

IMALU、“親の七光り”を自分で消した 『しくじり先生』で激白

オリコン 8月1日(月)6時0分配信

 父は“お笑い怪獣”明石家さんま、母は“大女優”大竹しのぶというビッグネームの両親を持つ“2世タレント”の横綱、タレントのIMALUが、8月8日放送のテレビ朝日系『しくじり先生 俺みたいになるな!!』3時間スペシャル(後7:00~9:48※一部地域では放送時間が異なる)に出演することがわかった。

【写真】父・明石家さんま 若かりし頃のさわかやショット

 IMALUの痛恨のしくじりは、「わずか1年間で“親の七光り”を使い果たしてしまった」こと。“芸能界最強のコネ”を使って2009年に芸能界デビューしたIMALU。デビュー1年目から、ファッションモデル、女優として連続ドラマ出演、トークバラエティーに出演、音楽番組のアシスタント、アニメ声優、CM、歌手…と、華々しい仕事が次々と舞い込んできたが…。すべてにおいて結果を残すことができず、世間からの厳しいバッシングに直面。

 番組では、しくじりまくったデビュー1年目を振り返り、当時の心情を吐露。芸能界デビューに際し、父・さんまから贈られた人生初のアドバイス。そして、現在の“座右の銘”。デビュー6年目のいま、改めて気づいた仕事への情熱、両親への思いなど、偽らざる気持ちを真摯に語る。
 
 同日の放送では、長江健次が “欽ちゃんにドンと突き放されちゃった先生”として、“お世話になった人に不義理をして絶縁状態にならないための授業”も行う。

最終更新:8月2日(火)10時44分

オリコン