ここから本文です

剛力彩芽、女友達は高橋一生の味方!? 『グ・ラ・メ!』で料理バトル

オリコン 8月4日(木)6時0分配信

 テレビ朝日系で放送中のドラマ『グ・ラ・メ!~総理の料理番~』(毎週金曜 後11:15※一部地域除く)に主演する女優の剛力彩芽。料理で政治家たちを虜にしていく“官邸料理人”一木くるみを演じているが、本作の見どころの一つは、くるみが現れるまで、官邸で総料理長として君臨してきた清沢晴樹との対立構造。清沢を演じるのは同局のドラマ『民王』(テレビ朝日)で人気に火が点いた高橋一生だ。

【動画】剛力VS高橋の料理バトルが本格化 『グ・ラ・メ!』第3話予告

 くるみは、天才的な料理の才覚を持ち、25歳にしてパリのグラン・メゾンで腕をふるっていながらも、なぜか日本の料亭で仲居として働いていたところを、偶然出会った政務担当総理大臣秘書官・古賀(滝藤賢一)に誘われ、“総理大臣の料理番”として総理官邸に入ることに。それも、清沢が海外研修中に行われた“人事”だったため、清沢のプライドをいたく傷つけてしまう。

 「役者として尊敬している高橋さんと、ライバル! しかも、高橋さんが料理上手で衝撃でした」と剛力。親しい女友達の間でも“一生ファン”は多いらしく、「いろんな意味で負けられませんね。頑張ります」と撮影現場での奮闘が続いている。

 4月期に読売テレビ・日本テレビ系で放送された連続ドラマ『ドクターカー』では、救命医療の理想に燃える新人医師を演じ、今作では自身初の料理人。「いろいろな職業の役を演じられるのは、幸せ」と常に前向きに取り組んでいるが、わずかな準備期間で役の人物そのものになれるわけではない。視聴者に、いかにもそれっぽいように見せることも技術の一つだ。

 「5歳からダンスを習っているんですが、まず先生のダンスを完コピして、それから自分なりのオリジナル要素を足し引きしていく、ということをしてきたので、先生の真似をするのは得意。今回は指導してくださる料理の先生の動きをじっと観て、料理人として当たり前の仕草を盗みたいなと思っています」。

最終更新:8月4日(木)10時40分

オリコン

豊洲へなぜ市場移転 経緯と課題

築地から市場が移転される豊洲で、都が土壌汚染対策をしていなかったことが発覚。そもそもなぜ豊洲に移転するのか、経緯と課題を知る。