ここから本文です

白石まるみ、全身タイツ&TバックでKOC初登場 親子コンビで2回戦狙う

オリコン 8月1日(月)14時1分配信

 女優の白石まるみ(53)・守永真彩(24)親子によるお笑いコンビ・WM(ダムルエム)が8月1日、都内で行われたTBS系『キングオブコント2016』1回戦に初出場した。参加表明会見で守永の「見る人が見ればセクシー、見る人が見ればゲテモノ」との言葉どおり、白石はシルバーの全身タイツに赤のTバック、頬を赤く塗ったインパクト大のスタイルで登場し、観客の度肝を抜いた。

【アップショット】頬を赤く塗りインパクトある姿で登場した白石まるみ

 1回戦では、部屋着姿の守永のもとに未来の自分を名乗る白石が現れ、芸能界で生き残るために一発ギャグを伝授するというネタを披露。白石がかつて出演し、大ヒットした『スチュワーデス物語』のなかでやっていたという「やるっきゃない♪」と小躍りする懐かしネタも盛り込み、テンポの良い掛け合いをみせた。

 初出場の出番を終え、会見に臨んだ白石は「お笑いということで女を捨ててみました」と晴れ晴れとした表情。衣装はすべて自身のアイディアだそうで、守永は「Tバックを履きたいといったのは母。『これだけじゃインパクトが足りない』って」と説明すると、白石は「ワンポイントが必要かなって。勝負下着です」とこだわった。「1回で終わらせるのはもったいないので、この格好で営業したい」とすっかりお気に入りだった。

 独特の緊張感のなか、見事に笑いを起こした同コンビだが、白石は「(ネタ時間の)2分間がこんなに長いものか。セリフや動きを間違えっちゃったけど、気持ち的には最高のパフォーマンス」と自信満々。守永が「伸びしろを残して(出来栄えは)80点。残り20点は2回戦で」と意気込むと、白石も「あとは2回戦で!」と早くもやる気をみせていた。

 2回戦出場コンビはきょう午後9時ころに公式ホームページにて掲載される。

最終更新:8月1日(月)14時13分

オリコン