ここから本文です

吉木りさ、和田正人との交際宣言後初公の場 囲み取材は欠席、去り際に「すみません…」

オリコン 8月1日(月)18時32分配信

 タレントの吉木りさ(29)が8月1日、都内で行われた映画『X-MEN:アポカリプス』(11日公開)スペシャル・プレミアに登場。俳優の和田正人(36)との交際を宣言して以降、初の公の場となったが、去り際に報道陣から「交際は順調ですか?」と質問されるも「すみません、X-MENなので…」とだけ語り、会場をあとにした。

【動画】吉木りさ、サイロック・コスプレで登場

 2人の交際は、先月29日にスポーツ紙が「共通の芸能人の紹介で知り合い、今年4月から交際を開始」と報道し、双方の事務所も熱愛を否定せず「大人なので、プライベートは本人に任せています」とコメント。同日、それぞれ自身のブログを更新し「いいお付き合いをさせて頂いております」と報道を認め、交際を宣言していた。

 この日、アポカリプスの日本語吹き替え版声優を務めた松平健の声を合図に、羽織っていたローブを脱ぎ捨て、忍術やテレパシー能力を持った美しい女戦士・サイロックの衣装に変身した吉木。セクシーな衣装に顔を赤らめながらも「これを着ると、自分にも身体能力が身についたんじゃないかと思います。私もこんなカッコいい役を演じてみたい」と声を弾ませていた。

 同作は、『X-MEN:ファースト・ジェネレーション』『X-MEN:フューチャー&パスト』に続く、3部作の最終章。文明の登場以前からミュータントの力を使い“神”として世界を支配してきたアポカリプスが、現在の文明が間違った方向に発展したと考え、新たな秩序をもたらそうと世界の破滅を目論むという内容となっている。

最終更新:8月5日(金)23時2分

オリコン